tumblr_nfi19rZEEV1tiwi15o1_500

楽に痩せたい人へ、カイロ貼るだけダイエット知っていますか?

  • 美容
痩せたい!けどきついダイエットは出来ないという方、『カイロダイエット』を知っていますか?その名前通り、カイロを体のある部分に貼るだけです。貼るだけで基礎代謝が上がり、ぐんぐんと痩せます!冬だから太るのではなく、逆にカイロで痩せちゃいましょう◎

ダイエットってつらい…

http://bit.ly/1ErHzKc

ついつい太ってしまいがちな冬。あせってダイエットしても、なかなか上手くいきませんよね。走ったりジムに通ったりするのは辛いし、食事を制限するのも辛い…

そして、ストレスが溜まって結局ダイエット失敗…そうなっちゃうのが普通だと思います。

そこで、冬という食欲は増すのに運動がしたくなくなる季節を逆手にとった『カイロ貼るだけダイエット』を紹介します◎

 

カイロダイエットとは

http://bit.ly/18xS15N

カイロダイエットとは、その名前通り、体のある部分にカイロを貼るだけという簡単なダイエット。暑い夏にはできない、寒い冬ならではのダイエットです。

本当に効果あるの?と思うかもしれませんが、結構効果があるようですよ!実際に痩せたという人も少なくありません!テレビや雑誌などでもよく取り上げられています◎

 

カイロダイエットの仕組み

http://bit.ly/1CBW6AY

カイロダイエットの仕組みは、いたって単純で、カイロで体を温めて“基礎代謝をあげる”というもの。

ダイエットにとって体を冷やすことがタブーなのは有名ですよね。反対に、体を温めると血行が良くなり基礎代謝があがるので、痩せやすくなります。

体温が1度上がると基礎代謝が約12%上がります。基礎代謝が12%上がることによって1年間で体重を8キロも減少させることができます!
出典:http://bit.ly/1zFhczk

 

美容、健康にも良い

http://bit.ly/1Btgosp

カイロダイエットのメリットは、ダイエット効果だけじゃありません。美容や健康にも効果があるといわれています。

体を温めることで得られる効果
・ストレスに強く、病気になりにくい健康な体に
・新陳代謝が活発になり細胞レベルから若々しく
・血液量が増え、細胞に十分な酸素が供給され、頭が働く
・便秘の予防に
・脳の血行がよくなり、記憶力低下予防に
出典:http://bit.ly/1Bztiro

 

どこにカイロを貼るの?

http://bit.ly/15UoLo2

カイロの貼る部分は、2箇所が最も効果的です。

1、お腹
おへその5センチ程度下のところ

2、肩甲骨の間

お腹に貼ることで、内蔵の働きがよくなって、体温と代謝が上がります。肩甲骨に貼ると、胃腸の働きが良くなり、冷えが改善されます。両方貼れないときは、お腹だけでも変わりますよ◎

 

カイロダイエットの注意点

http://bit.ly/1Ch043u

簡単で便利なダイエットですが、一点だけ注意点があります。それは、心臓の近くにカイロを貼らないこと。貼ってしまうと、心臓に負担がかかり、吐き気や腹痛に繋がる可能性があります。

お腹の下なら、そういったことはないので、安心です◎

 

痩せたよ!の成功報告

http://bit.ly/1zFhtSR

ネット上にはカイロダイエットで痩せれた!健康になれた!という人がたくさんいるので、実際の口コミを紹介します。

腰痛治ったうえに便秘もなおり平熱も上がり...なんと初めの1ヶ月で5キロ減!!半年でトータル10キロ痩せ 13号から9号になった。
出典:http://bit.ly/1yCxmCu

 

会社の女性に試してもらったところ、たった一週間カイロをお腹に貼って寝るだけでウエスト周りが4-5センチ減った
出典:http://bit.ly/1zFhczk

 

「貼るだけ」…でとても簡単だったので、即!実行。
食べ物を減らすだけのダイエットよりも、はるかに効果がありました。
出典:http://bit.ly/1y8W7ay

 

カイロで効率よく痩せましょう♩

http://bit.ly/1DbVfVQ

カイロダイエットについて紹介しました。カイロを貼るだけなので、とても簡単な方法ですよね!基礎代謝を上げて、カロリー消費を高めているので、デメリットやリバウンドの恐れはありません。

もとろん、お風呂に浸かることや、白湯を飲むなどでも体温を上げれますが、カイロは貼るだけなので、最も手頃だと思います◎

ついつい冷えがちな冬は、カイロダイエットで効率よく痩せましょう♩

 

    

この記事が気に入ったらいいね!しよう

momoの最新情報をお届けします

 

この記事を書いたのは…