小籔千豊の楽曲「プリン」に込められたエピソードが感動的

  • 恋愛・ライフ
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

みなさんは、芸人の小籔千豊さんの『プリン』という歌を知っていますか?小藪さんと、小藪さんのお母さんとの思い出を綴った曲です。そんな『プリン』に込められたエピソードがとても感動的と話題になっています。みなさんも涙すること間違いなしの名曲ですよ。

小藪一豊といえば毒舌キャラで有名

http://bit.ly/1DkUkSh

お笑い芸人の小藪一豊さんといえば、歯に衣着せぬ物言いで有名です。「すべらない話」でも、その毒舌キャラで、大人気ですよね。

そんな小藪さんの、『プリン』という楽曲に込められたエピソードが感動的と話題になっています。普段の毒舌キャラとのギャップに、目が潤むこと間違いなしです。

 

母との思い出を綴った歌

http://amzn.to/1by1Anj

『プリン』は、小藪さんの母・英津子さんとの思い出を綴った曲です。「母親に愛されていると感じたことはない」というほど、厳しいお母さんだったそう。

普段テレビでは弱さを見せない小藪さんが歌うからこそ、悲しみや説得力が伝わってくるのだと思います。

 

そんなお母さんが入院

http://bit.ly/1Pm7pCk

そんな厳しい小藪さんのお母さんがガンで入院しました。「普段サバサバしていて、電話もめったに掛けてこない。そんな母親から入院すると電話が来たとき、これは死ぬなと思いました。」と話します。

ベッドで意識が朦朧する中、お母さんが言った言葉は「ヘリコプター、よかったなあ」だったそうです。

 

「ヘリコプター、よかったなあ」

http://bit.ly/1QmbKae

この言葉の真相は、小藪さんの幼少期にさかのぼります。小さい頃、おもちゃやプレゼントをもらったことがなかったそう。そんなお母さんですが、唯一ヘリコプターに乗るのは許してくれました。

「これ、高いで?」と気を遣う小藪さんに対し、「ヘリコプターなんて、一生で乗れるかわからん。経験や。」と言って乗せてくれたそうです。

 

「よその子が経験しないようなことを経験させる」

http://bit.ly/1JfctrQ

小藪さんの母・英津子さんは、「普通のことは経験させなくていい。よその子が経験しないようなことを経験させたい。」と言っています。

普段はとても厳しいながらも、小藪さんに対する愛情が伝わってきます。

 

「モロゾフのプリンが食べたい」

http://bit.ly/1JfcLz1

意識が朦朧とする中、英津子さんは「モロゾフのプリンが食べたい。」と言いました。英津子さんは、モロゾフのプリンが大好きだったそう。

自分の死が近いことを悟り、最後に大好物のプリンを食べたくなったのでしょう。

 

バイクを飛ばして買いに行った小藪さん

http://bit.ly/1QmcsUR

お母さんの言葉を聞き、バイクを飛ばしてプリンを買いに行きました。買って戻ってくると、病状がひどくて、食べれなかったそうです。

前から大好物だとわかっていたのに、なんで今まで買ってきてあげられなかったのかと、ひどく後悔しました。他の人には、そんな後悔して欲しくないという思いから生まれたのが『プリン』です。

 

あの黒柳徹子さんも涙

http://bit.ly/1d2LTF4

小藪さんがこの話を、「徹子の部屋」で話したところ、芸人キラーの黒柳徹子さんも涙しました。

普段テレビでは涙を見せることがない、黒柳徹子さん。その黒柳徹子さんをも涙させた小藪さんのトーク力はさすがのものです。

 

みなさんは後悔しないように…

http://bit.ly/1DlISWE

『プリン』に込められた感動的なエピソードを紹介しました。

小藪さんが体験したことから、他の人には自分のような後悔をして欲しくないという思いがひしひしと伝わってきます。みなさんは、後悔しないように、身近な人たちを大切にして生きてくださいね。

    

この記事が気に入ったらいいね!しよう

momoの最新情報をお届けします

 

この記事を書いたのは…