結婚10周年を迎える『藤井隆・乙葉夫婦』プロポーズから現在まで、変わらずに奥さんを思いやるエピソードが素敵でした

  • 恋愛・ライフ
2015年で結婚10周年となる藤井隆さん・乙葉さん夫婦。おしどり夫婦のイメージの強いお二人は、ロマンチックなプロポーズから現在まで、変わらずにお互いを思いやる理想的な夫婦像でした。思わずほっこりする2人のエピソードを紹介します。

結婚10周年を迎える『藤井隆・乙葉夫婦』

http://bit.ly/1MaMleM

2005年に結婚し、今年で10周年を迎える、藤井隆さん・乙葉さん夫婦。

10年が経つ今でも、テレビなどで共演した姿を見ると、本当に仲が良さそうですよね。そんなお二人には、胸がほっこりする素敵なエピソードがたくさんありました。

 

二人の出会いはドラマの共演

http://bit.ly/1BVo4tL

二人の出会いは、「乱歩R」というドラマでの共演。その後、木村祐一さんが二人の仲介役となって、連絡先を交換したようです。

藤井隆さんが主役を演じた『乱歩R』での第一話「人間椅子」で乙葉さんがゲストとして共演、その後藤井隆さんの事務所の先輩を通じて交際をスタート
出典:http://bit.ly/1MaMHC3

 

http://bit.ly/1ESdnY1

そして二人が交際を始めるきっかけになったのは、乙葉さんのお父さんが病気で倒れた時に精神的に支えたのが藤井さんだったようでその時から惹かれていったようです。
出典:http://bit.ly/1MaMYF1

 

最愛なる父の死でひどく落ち込んでいた乙葉さんの話を聞き、親身にサポートし続けたことが付き合うきっかとなったようです。

 

ロマンチックなプロポーズ

http://bit.ly/1KvHCIW

ある時乙葉さんが『私、藤井さんと結婚したいな』と藤井さんに言ったんだそう。乙葉さんはこの時は、「どうせ流されるだろうなあ」と思いながらも言ってみたんだそう。
出典:http://bit.ly/1H3heAL

 

しかし、藤井隆さんは真剣に想いを受け止め、しばらく黙り込んで答えを出しました。

 

http://bit.ly/1KvHCIW

『今、お互いが忙しくなって来ているから気持ちが変わるかもしれない。だからもし一年たってもお互いの気持ちが変わってなかったら僕からプロポーズさせてください』
出典:http://bit.ly/1H3heAL

 

藤井さんは本当は嬉しかったのですが、 そのときは、乙葉さんのお仕事が順調になってきている大事な時期。自分が邪魔をしてはいけないと感じたそうです。そして、1年後。

 

http://bit.ly/1KvHCIW

一年後乙葉が「私は一年前と気持が変わってません・・・藤井さんは・・・?」とたずねると、藤井は「僕は気持が変わってしまいました」と答えた。

 

乙葉が戸惑い、泣きそうになっているところへ藤井が「僕は一年前よりもっと、好きになってしまいました」といってプロポーズ。
出典:http://bit.ly/1H3heAL

 

そして、乙葉さんの前にひざをついて、『結婚してください』とプロポーズしたそうです。ドラマのような告白を真剣にする藤井さんに、乙葉さんを胸を打ち抜かれたそうです。

 

結婚後も、乙葉さんを献身的にサポート

http://amba.to/1NnOoj5

乙葉さんは幼い頃からぜんそくを患っており、それを献身的にサポートしたのが夫・藤井隆さんでした。

結婚して、ぜんそくの症状を目の当たりにし、どうしたら症状を少しでも抑えられるかを必死に勉強し、精神的な支えになったそうです。

 

子供の誕生日には、妻にもプレゼント

http://bit.ly/1Gplayi

子供の誕生日には、奥さんの乙葉さんにも、『いつもありがとう』の感謝の気持ちからプレゼントをあげるそうです。

主人から指輪と、娘から手作り指輪をもらいました(*^_^*)
ちゃんと、ラッピングまで手作り(^o^)
温かい気持ちも家族から、もらいました(*^_^*)
出典:乙葉さん公式ブログ

 

お互いを祝い、大事にする理想的な夫婦像

http://bit.ly/1ESdnY1

今日は、主人の誕生日でした。
いつも主人の大好きなシチューを作ります。
娘もハッピーバースデーを歌い、お祝い(*^_^*)
歳を重ねて、一段と磨きがかかっていく気がします。
元気にそばにいてくれてありがとう。
出典:乙葉さん公式ブログ

 

結婚して10年近く経っても、いつまでも変わらないで、お互いを想いやる夫婦。お互いを尊敬し、支え合う、まさに理想的な夫婦像ですね。

    

この記事が気に入ったらいいね!しよう

momoの最新情報をお届けします

 

この記事を書いたのは…