早寝早起きは難しいから、反対の『早起き早寝』をマスターする*

  • 恋愛・ライフ
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

美容や健康のために、早寝早起きになりたい!と思っても、なかなか眠れず早寝にならないことって多いですよね。そういうときは、考え方を反対にして、『早起き早寝』にすると上手くいくことが多いです。2日間あれば正しいリズムで生活出来るようになりますよ◎

早起きは三文の得

http://bit.ly/1L80uJf

「早起きは三文の得」というように、早起きすることは、その日1日を効率的に過ごせたり、美容や健康にも良かったりと良いところづくし。

特に美容面で言えば、22時〜2時はお肌のゴールデンタイムと言われる時間帯なので、なるべく早く寝ておきたいですよね。

 

でもなかなか寝れない…

http://bit.ly/1APQbbx

美容や健康のために、いざ『早寝早起き』しようと思っても、なかなか寝付けず、結局うまくいかない人も少なくないのではないでしょうか?

体が寝れる状態じゃないので、いくら目をつむっても眠れません。

 

逆転の発想『早起き早寝』のススメ

http://bit.ly/1vegDuv

早く寝たくても寝れないという人、発想を逆にしてみてはどうでしょうか?『早起き早寝』にするのです*

眠くないのに早く寝ようと思っても、人はなかなか眠れないもの。それなら、普通に寝て1日だけ無理してでも早起きしてみてください。

確かに朝起きる時は辛いのですが、起きることであれば、気持ちで頑張れるはず。

 

http://bit.ly/1AjvanI

1回無理してでも早起きすれば、夜は自然と早い時間に眠くなります。これを1〜2日間繰り返せば、あなたは『早寝早起き』の状態になっています。

1回だけ、体に鞭を打って起きるようにしましょう。コップ一杯の水を飲み、カーテンを開けて朝日を浴びれば残っている眠気も飛んでいきますよ◎

 

人間のメカニズム的にもこの方法がおすすめ

http://bit.ly/17fRNiT

この『早起き早寝』の方法を聞くと、そんなの当たり前!と思う人もいるかもしれませんが、人間のメカニズム的にもかなり理にかなった方法なのです。

いつもより早く起きることで、太陽の光を浴びる時間も、いつもより早く浴びることになります。すると、体内時計が前倒しに調整されて、体のリズムが変わります。
出典:http://bit.ly/1Fq11HY

 

『早起き早寝』をしないと、人間は早く寝ることは難しいということですね◎

 

『早起き早寝』でもっと素敵な毎日に*

http://bit.ly/1vDJ6oB

『早起き早寝』の方法を紹介しました。当たり前のことかもしれませんが、なかなかできていない人も多いと思います。

早く寝れるようになると、仕事や勉強の集中力も上がり、美容効果も実感出来るはずです。是非実践してみてくださいね◎

 

    

この記事が気に入ったらいいね!しよう

momoの最新情報をお届けします

 

この記事を書いたのは…

人気記事

まだデータがありません。

  • モデルへのレポート仕事依頼募集