ある地域では節分の豆まきに落花生を使い、拾って食べる?実は知ると実践したくなる方法でした*

  • 恋愛・ライフ
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

節分といえば大豆を豆まきに使うのが多くの場合一般的だと思いますが、地域によっては落花生を使うのが当たり前なのです。落花生を投げ、それを拾って、年齢の数食べます。豆を無駄にせず、掃除も楽という合理的な仕組みになっています。取り入れれば、もっと豆まきが楽しくなるかも。

節分についておさらい

http://bit.ly/1HHLLYT

節分はいつだか知っていますか?もしかしたら2月3日と思っている人がいるかもしれませんが、節分は年によって替わります。

実は2日になったり、4日になったりするので複雑なのですが、2020年までは2月3日と覚えておくと良いかもしれません。

 

ある地域では、節分に落花生が当たり前?

http://bit.ly/163qqYP

節分の豆まきで、皆さんは何をまきますか?多くの人が大豆をまくと答えると思います。しかし、実は北海道、東北、信越地方、のほとんどの人(約8割)は、豆まきに落花生を使うのです!

その3つの地域に住んでいる人からすると、大豆をまく人のほうが多いということは逆に衝撃的なことです。大豆派の人に出会わない限り知らない人も多いくらいだそうです。

 

まいた落花生を拾って、年齢の数食べます

http://bit.ly/1K1vkEz

落花生を使った豆まきでは、殻付きのままの落花生をまき、まき終わったら豆を拾って、自分の年齢の数だけ食べます。(多くの場合は、1歳につき1個ではなく1殻)

これは、もはや風習になっているので、幼稚園や小学校でも落花生を使いますし、スーパーにも節分が近くなると落花生が並びます。

たくさんのピーナッツを食べることになるので、鼻血 が出たなんていう話もあるそうです。

 

落花生なら『無駄にならず、掃除も楽』

http://bit.ly/1Kj1byV

落花生の豆まきは、実はかなり合理的なので、3つの地域以外でも取り入れている家庭があるそうです。

落花生だと、拾うだけなので掃除がしやすく、無駄にもなりません。また、味も落花生の方が美味しいですよね!さらに、小さい子がいる家庭では落花生のほうが安全という意見もあるようです◎

 

落花生の豆まき取り入れてみてもいいかも*

http://exci.to/1wTTCHC

北海道、東北、信越地方では、ポピュラーな落花生による豆まきを紹介しました。

落花生の方法は、後片付けが楽なだけはありません。家族で落花生をまいて、それを拾い剥いて食べるので、会話が増えてより盛り上がります。

大豆派だった人は、落花生を試してみてはいかがでしょうか?

    

この記事が気に入ったらいいね!しよう

momoの最新情報をお届けします

 

この記事を書いたのは…