絶対に朝寝坊しないために、寝る前にやっておきたいこと6選

  • 恋愛・ライフ
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

絶対朝寝坊できないっていう日、ありますよね。そんなこと考えると、余計寝れなくなったり。そんな日の、寝る前にやっておきたいことを紹介します。簡単にできることなので、ぜひ実践してみてください。これで、遅刻の言い訳を考えることもなくなりますよ!

絶対寝坊できない日、ありますよね

http://bit.ly/1Ah9ztl

みなさんも、仕事だったり、恋人とのデート、友人との約束など絶対に遅刻できない日ってありますよね。そんな日に限って、前の日眠れないってこともしばしば。

簡単にできることなので、絶対寝坊できないというときに、実践してみてください。これで、遅刻の言い訳を考えずに済みますよ♩

 

目覚ましの位置を手の届かないところに置く

http://bit.ly/1zeUIVf

これを実践している人は多いんじゃないでしょうか?

方法はただ、目覚まし時計をベットから離れたところに置いておくだけです。目覚ましが鳴って、ベッドから出ることになるので、二度寝を防ぐことができます◎

 

目覚ましの音を毎日変える

http://bit.ly/1sArrSi

毎日同じアラーム音だと、慣れてしまって、鳴っているのに気づかないということになってしまいます。アラーム音を毎日変えることにより、その恐れを防ぐことができるのです◎

 

起きたら水やお茶を

http://bit.ly/1Co6Dh7

起床したときって、軽い酸欠状態になっているらしいんです。そこで、水やお茶を飲んであげると、酸欠状態が解消され、目が覚めるんです!

前日にあらかじめ、ベッドの近くに用意しておくと、楽チンですね◎

 

起きる30分前に、暖房や冷房の予約を

http://bit.ly/1u8etXo

朝起きれないというのには、部屋の温度も関わってきます。

部屋が寒かったり、暑かったりすると、起きれない原因になります。寝る前に、暖房や冷房の予約をしておくと、起きやすくなるでしょう◎

 

カーテンを開けて寝る

http://bit.ly/1AS24fi

人間は、日光を浴びると目が覚めるという仕組みになっています。カーテンを閉めて寝てしまうと、日光を浴びることができないので、起きにくくなってしまいます。カーテンを開けて寝るようにしましょう◎

カーテンを開けて寝ることに抵抗がある方は、遮光カーテンを開けるだけでも十分効果があります!

 

次の日の朝食を準備しておく

http://bit.ly/1yjoWVF

次の日の朝食を準備して寝るようにしましょう。

人は、楽しみを思い浮かべて寝ると、起きやすくなるようです◎

 

それでも起きれないという方にオススメの目覚ましグッズ

まるで、宇宙人のような怪奇な音を出し、辺りを動き回るというもの。追いかけているうちに、目が覚めますね◎

 

腕につけて寝るだけでその人のレム睡眠、ノンレム睡眠を把握し、すっきり起きれる時間に起こしてくれるという優れもの◎

 

実践して、寝坊ゼロの生活を!

http://bit.ly/1Co74It

以上、寝坊しないためにやっておきたいことを紹介しました。

どれも簡単にできることなのでぜひ、実践して寝坊ゼロの生活を送りましょう♩

    

この記事が気に入ったらいいね!しよう

momoの最新情報をお届けします

 

この記事を書いたのは…