美容食材『ヨーグルト』をもっと効果UPさせる食べ方・工夫とは

  • 美容
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ヨーグルトには、美容効果やダイエット効果など、様々な効果があると言われています。最近、その万能さから、注目されている食べ物です。そんな、美味しくて、効果が高いヨーグルトを効果的に食べる方法を紹介します。簡単なので是非実践してみてください◎

ミラクル効果のヨーグルト

http://bit.ly/1CbXWrv

ヨーグルトは、美容・ダイエット効果に優れている食べ物です。

「水切りヨーグルト」や「夜ヨーグルト」など、美味しくて、あらゆる効果が高いヨーグルトは、今改めて大注目されています。

ヨーグルトの効果をおさらい

http://bit.ly/1Gp7WAM

ヨーグルトの効果をおさらいしましょう。

・便秘の解消による、ダイエット効果
・新陳代謝が良くなり、肌のアンチエイジング効果
・「フルーツ酸」による、シミやシワの改善
・「乳清」による、肌の保湿効果

ヨーグルトには、ミラクル効果がたくさんあります◎

 

ヨーグルトの効果をより高める方法を紹介

http://bit.ly/1xhE9ru

そんな万能な食べ物の、ヨーグルトをより効果的に食べる方法を紹介します。

とても簡単なことなので、是非実践してみてくださいね◎

 

自分に合ったものを食べましょう

http://bit.ly/1Gp9v1y

腸内細菌のバランスは人によって違います。「あのヨーグルトがいいって聞いたから、私もそれにしよう。」という考えは、よくありません。自分に合ったヨーグルトを見つけましょう◎

1日100~300gを目安に最低1週間は食べ続け、便通の具合を見ながら相性のいいヨーグルトを見つけるといいのだそう。
出典:http://bit.ly/1GWW6vN

 

ヨーグルトと相性の良い物と一緒に!

http://bit.ly/1CQiDLw

ヨーグルト単体でも効果はありますが、その効果をより高めるリンゴやバナナ、イチゴなどと一緒に食べるといいでしょう。

善玉菌のエサになるオリゴ糖やハチミツ、食物繊維の多いリンゴやバナナ、イチゴなどを混ぜると食べやすくなるので試してみてください。
出典:http://bit.ly/1GWW6vN

 

冷たいヨーグルトはダメ!

http://bit.ly/1BN8Mka

ヨーグルトを冷蔵庫から取り出して、冷たいまま食べている人が多いです。冷たいままヨーグルトを食べると、腸を冷やしてしまう原因に。

また、乳酸菌が活動しやすい温度というのが、40度前後です。常温か、少し温めて食べるようにしましょう◎

冷たいままだと胃腸を冷やす原因に。菌により異なりますが、乳酸菌が活発に働く温度が40℃前後と言われているため、食べる前に冷蔵庫から出しておいて常温にしておくか、電子レンジで少し温めてから食べると◎。
出典:http://bit.ly/1GWW6vN

 

お腹が空いているときに食べるようにしましょう!

http://bit.ly/1FW4yNg

ヨーグルトは、空腹時に食べるとより効果的と言われています。お腹が空いている『朝』などに食べるといいでしょう◎

空腹時に食べた方が腸まで乳酸菌が届きやすく、腸内環境の改善に効果的とのこと。お腹に何も入っていない朝に食べる習慣をつけるのがベスト!
出典:http://bit.ly/1GWW6vN

 

食べるのをサボらない!

http://bit.ly/1bvrsj7

ヨーグルトはしっかり毎日食べて効果が出るもの。何日か食べて、効果が出ないから辞めるというのは避けたいところです。

乳酸菌は、腸内に住み着いている善玉菌と共に働くことで、腸内環境を改善する効果が認められています。が、乳酸菌は腸内に住み着くことはできません。
出典:http://bit.ly/1GWW6vN

 

実験でも、ヨーグルトの摂取で改善した腸内環境は、摂取しなくなると元に戻ってしまうことが分かっているそうですから、毎日食べる習慣をつけましょう!
出典:http://bit.ly/1GWW6vN

 

食べ過ぎには注意しましょう

http://bit.ly/1CbZhi2

ヨーグルトは健康に良いと言っても、元は乳製品です。食べ過ぎると、脂肪分の摂り過ぎとなってしまいます。

一日200gを目安にしましょう◎

 

実践して、健康な体を手に入れましょう!

http://bit.ly/1E1SeM6

ヨーグルトの効果的な食べ方を紹介しました。

簡単にできることばかりなので、是非実践して健康な体を手に入れましょう◎

    

この記事が気に入ったらいいね!しよう

momoの最新情報をお届けします

 

この記事を書いたのは…