あなたは大丈夫?姿勢が悪いことによって体に及ぼす悪影響

  • 美容
あなたの姿勢は大丈夫ですか?姿勢が悪いと、体に悪影響ばかりなんです。どんな悪影響を及ぼすのか、どうすると姿勢が良くなるのかを紹介します。姿勢を直したいけどどうしたらいいかわからない人におすすめ。これであなたも健康な体になることができますよ◎

姿勢が悪いとどうなる?

http://bit.ly/1LealQt

姿勢が悪いと、体に悪影響を及ぼします。

反対に、姿勢を良くするようにすると、健康な体になることができるのです。

姿勢が悪いことで出る悪影響と、どうすれば姿勢が良くなるのかを紹介します。これであなたも健康な体を手に入れることができますよ。

 

肩こりや腰痛の原因になる

http://bit.ly/1ux1kY8

姿勢が悪いと、肩こりや腰痛の原因になります。姿勢が悪いことによって、肩や腰、首に負担をかけてしまい痛みになってしますのです。

最近肩こりや、腰痛がひどいという方はまず、姿勢を見直してみてください。痛みが解消されるかもしれませんよ◎

猫背の姿勢は、背筋と腰、それに頭を支えている首に大きな負担となっているそうです。この姿勢を続けていると負担が積み重なり、コリや痛みになってしまうのです。
出典:http://bit.ly/1zowfNH

 

集中力が低下、イライラしやすくなる

http://bit.ly/1CJLIHV

姿勢が悪いと、心にも悪影響を及ぼすんです。

姿勢が悪いことで、背骨が歪み肺を圧迫することで呼吸が浅くなり集中力が低下し、イライラしやすくなるのです。

コリや痛みだけでなく、内臓への負担も心配です。猫背を続けていると背骨がゆがみ、ゆがんだ背骨は臓器を圧迫してしまいます。
出典:http://bit.ly/1zowfNH

 

ニキビができやすくなる

http://bit.ly/1EonJ2v

なんと、ニキビができやすくなってしまうのです。姿勢のせいで肌にも影響が出るというのは信じられないかもしれませんが、先程言った背骨が歪み臓器を圧迫することで、ニキビができやすくなってしまうのです。

猫背の姿勢を思い浮かべてみてください。直立でなく、ちょっぴり前かがみになっていますよね?前かがみってことは、背中が丸まってお腹が圧迫されている状態です。

 

そうなることで内臓が圧迫されるので、呼吸器や胃腸に負担がかかり、ニキビの発生原因になるんです。悪化して、内蔵の障害が起きたり機能が低下すると、さらにニキビがでやすくなります。
出典:http://bit.ly/1DcStQm

 

ボディラインに悪影響

http://bit.ly/15OneR8

背骨が歪むことで、お腹がぽっこり出たり、ウエストが太くなってしまいます。女性にとっての敵なので直したいところ。

骨盤が歪んで身体のラインがくずれ、下っ腹がぽっこり出るようになったり、ウエストが太くなったりします。さらに胸も下垂気味に・・・・。
出典:http://bit.ly/1zowfNH

 

どうすれば姿勢が良くなる?

http://bit.ly/1D8Lk38

姿勢が悪いと体に悪いことばかり。改めてこう言われると、怖くなりますよね。

姿勢を直したいと思うけど、どうしたらいいかわからない人におすすめ。簡単にできる姿勢矯正法を紹介します。

 

あごをひいて生活する

http://bit.ly/1z1YZu8

勉強や仕事などでついつい前屈みになっていませんか?その対策法として、あごをひいて生活するように心がけること。こうすれば簡単に、姿勢がまっすぐになるようです!ただ、これを習慣化するのは意外と時間がかかります。

デスクワークされている方だと、6センチくらい頭が前に出ていることもあります。頭が2.5センチ前に出ると、肩・首には4キロほどの負荷が余計に掛かると言われています。6センチともなると、肩・首に10キロくらい負荷が掛かるでしょう。
出典:http://bit.ly/1wApYH8

 

足を組まない

http://bit.ly/1Cg3ZNM

イスに座ったときついつい足を組んでいませんか?足を組むと左右のバランスが悪くなり、それが姿勢の悪さにつながるようです。足は組まないで、自然体で座れるようにしましょう◎

脚を組むと、骨盤が左右に傾き、そのぶん背骨や背骨を支える筋肉に悪影響が出る。できるだけ組まないほうがよいが、組むときは左右の脚を交互に組み替えるように注意を。
出典:http://bit.ly/1CxTeFj

 

あぐらはなるべくかかない

http://bit.ly/1uA6ouR

今度は床に座るときです。あぐらをかいて座ると、どうしても前屈みになってしまい、背骨が曲がってしまいます。一番良いのは正座なのですが、あぐらじゃないと厳しいときは、背中に一本の線が入っている意識で座りましょう。

床に座るとき、あぐら、横座り、正座のうち、最も腰に負担がかかるのがあぐら。最も負担が軽い座り方は正座。 腰のためには正座を心がけたい。
出典:http://bit.ly/1CxTeFj

 

肩掛けのバッグは両肩でバランスよく

http://bit.ly/1EOSQ4X

肩掛けのバッグを普段片方の肩にかけている人は、それをバランスよく両方に掛けるようにしましょう。そうすることで、肩のバランスが保たれ、姿勢も自然と良くなります。

一方の肩ばかりに負担をかけ続けると、特定の筋肉だけが緊張し、左右のゆがみにつながる。バッグをかける肩を時々替えること。手に持つときも、一方の手だけで持たずに時々左右を替えて持つ。
出典:http://bit.ly/1CxTeFj

 

猫背改善ストレッチ

簡単に出来る猫背改善の動画もあります。毎日コツコツ続けることが大切です。

猫背を改善して、健康的にスタイル抜群になりましょう◎

 

    

この記事が気に入ったらいいね!しよう

momoの最新情報をお届けします

 

この記事を書いたのは…