large-5

朝活はダイエットで危険?太りやすい時間は夜だけでなく朝にもあった

  • 美容
最近、「朝活」をする女子が増えています。朝活というと、健康的なイメージが強いのですが、実はダイエットにおいては危険なことがあります。夜が太りやすいことは有名ですが、朝にも太りやすい時間があるのです。朝にもあった太りやすい時間について解説します。

「BMAL1」という成分が関係している?

http://bit.ly/1A3BctR

太りやすい時間帯には「BMAL1」というタンパク質が深く関連しています。

「BMAL1」とは、体内時計を調整するためのタンパク質で、脂肪を蓄積させるという作用があるものです。この「BMAL1」が増加する時間は、太りやすい時間帯と言われています。簡単に言うと、太りやすくしてしまうというやっかいな仕事をします。

 

http://bit.ly/1L80uJf

一般的に夜が太りやすいと言われているのは、この「BMAL1」が増加する時間が夜だからです。だから、”朝と昼は食べても大丈夫だけど、夜は控えめに”ということがダイエットではよく言われます。

しかし、「夜だけ控えめにすればいい!」というのは実は大きな間違いなのです。

 

太りやすい時間は本当は『2回ある』

http://exci.to/1A0rAAE

太りやすい時間

①18時〜2時
16時頃からだんだんと、BMAL1が増加し始め、午前2時にはピークになります。また、夜遅くに食べると安眠の妨げにもなるので、22時以降に食事をするのはダイエットではタブーになります。

一般的に知られている太りやすい時間帯ですよね。

 

http://bit.ly/1ABxJVG

太りやすい時間

②朝6時
意外かもしれませんが、朝6時は夜と同じくらい太りやすい時間なのです!BMAL1は22時と同じくらいあります。朝6時に、朝活だと言ってパンケーキやフレンチトーストを食べることは、夜22時に食べているのと同じということです!

 

「BMAL1」を逆手にとって、ダイエットに!

http://bit.ly/1vTD20Z

朝ご飯をうかうか食べれない!と不安に思った方、安心してください。

「BMAL1」を正しく理解すれば、反対にダイエットに利用することが出来ます!つまり、BMAL1が低い時間に食事をとるように変えるだけで、人には代謝機能があるので、ダイエット効果が見込めます◎

 

http://bit.ly/1L9CRln

「BMAL1」が低い、最も太りづらい時間帯は14時頃と言われています。この時間帯にお昼をずらす、もしくは1回の昼食を2回に分け、14時頃に残り半分を食べるようにすればダイエットの効果は抜群に!

また、朝6時の朝食を避け、夜ご飯は出来る限り早い時間に食べる。どうしても朝早く家を出てしまう人は、家以外で食べた方がダイエットではオススメです。

 

朝食の時間にはご注意を

http://bit.ly/1vTDDQd

朝食は食べたほうが、健康や美容、ダイエットにも良いですが、時間帯には気をつけたいですね。

朝活にハマっている人や朝早くに朝食を食べている人は、ご注意を*

 

    

この記事が気に入ったらいいね!しよう

momoの最新情報をお届けします

 

この記事を書いたのは…